民間保険に加入するメリットとは?

今回の記事では民間保険に加入するメリットについて考えてみたいと思います。病院が提供する医療を最大限に活用するためには、卓越した健康保険の加入はマストです。多額の自己負担金の支払いを避けるため、診療を受ける前に必ず保険のプランを見直しておきましょう。

医師や専門医の選択

民間保険があれば医師や専門医選びの幅も広がります。特に継続した治療が必要となる場合、信頼できる医師選びは重要なポイントだと言えるでしょう。例えば、持病があって専門医に定期的に受診している場合、入院が必要になったときも引き続き同じ専門医に診てもらうことができます。退院後の診察も同じ医師が担当するので、スムーズにストレスなく治療を受けることができるはずです。

その分野で最も優れた専門医を受診したいと考える人は多いようです。例えば産婦人科は多くの若い夫婦が利用しています。評判の良い産婦人科医を選ぶことは、出産を控えた夫婦にとって最優先事項だと言えるでしょう。最近行われた調査によると、36% の回答者は、民間の医療保険に加入している主な理由は、病院や医師を選べる点にあると答えています。

病院の選択

治療を受ける病院を選ぶことができるのも民間保険に加入するメリットです。公立病院から個人病院まで、その選択肢は広がるはずです。公立病院でももちろん民間保険は適用されます。

個人病院と公立病院ではどのような違いがあるのでしょうか?どちらにもメリットはありますが、自宅に近くて評判の高い個人病院を希望する人は多いようです。個人病院は公立病院と比べて、優れた施設、質の高い食事、快適な部屋などを提供しています。私立病院は落ち着いていてあわただしさがないため、より快適に治療に専念することができるはずです。

緊急度が低い手術の待ち時間短縮

公的保険の欠点の 1 つとして、手術の待ち時間が挙げられます。親知らずの抜歯、人工関節置換術、胆石除去術、心臓バイパス術など、緊急度が低い手術を受けたいとき、公的保険のみにしか加入していない場合は長期間待たされることが予測できます。軽度な手術のウェイティングリストは長い傾向にあるため注意が必要です。一方、民間保険に加入している場合、個人病院の専門医のもと、迅速に治療を受けることができるはずです。いち早く回復し、元の生活へ戻ることができます。

個室の利用

病気やけがで入院が必要になった場合、プライバシーの観点から個室を好む人が多いようです。個人病院は公立病院よりも多くの個室が用意されているため、個室を利用できる確率が格段と高くなります。加入している民間保険によっては公立病院の個室も保証の対象になります。

オーストラリアの公的保険

緊急治療や急性期治療に関していうと、オーストラリアの公立病院システムは非常に高い評価を受けています。シドニー大学の調査によると、公立病院で応急処置を受けた人の多くが、治療内容に大変満足しているようです。もちろん、オーストラリアでは公立病院の利用は無料になっています。

しかし、希望する医師や病院の下で治療を継続したい場合、あるいは緊急性の低い手術の待ち時間の短縮を望む場合は、民間保険に加入するべきだと言われています。